甲信越に特化した風俗デリヘル高収入アルバイト求人情報サイト!【甲信越ナイトジョブ】! | 甲信越風俗高収入アルバイト求人サイト 【甲信越ナイトジョブ】






甲信越の風俗デリヘル高収入アルバイト求人サイト【甲信越ナイトジョブ】は、新潟県、長野県、山梨県の風俗デリバリーヘルス(デリヘル)に特化した風俗専門の高収入アルバイト求人サイトです!新潟デリヘルアルバイト求人、長野(松本)デリヘルアルバイト求人、山梨(甲府)風俗デリヘルアルバイト求人を探している方を応援しています!新潟県、長野県、山梨県でデリヘル求人のお仕事を探すなら情報満載の【甲信越ナイトジョブ】でお探しください。新潟県(新潟、燕三条、長岡、上越)、長野県(長野、松本、上田・佐久、伊那・諏訪)、山梨県(甲府市、富士吉田市)でデリヘルのお仕事を探すなら【甲信越ナイトジョブ】で決まり!

《デリバリーヘルスとは?》



デリバリーヘルス(デリヘル)とは一般の店舗型風俗店のように店舗に待合室などを設置せず、事務所で電話等による受付のみを行い女性を派遣するのが特徴である。派遣先には自宅のほか、ラブホテル、シティホテル等も指定できる。1人でのチェックインが難しいラブホテルに派遣する場合は、近隣店舗や路上、駐車場等での待ち合わせとすることもある(待ち合わせ型デリヘル)。派遣された女性が好みでない場合は、断って(キャンセル)別の女性に変更(チェンジ)できることが多いが、キャンセルする場合はキャンセル料が発生することが多い。また派遣する女性の待機場所(受付を行う事務所の所在地でよく「○○発」とも記載されている)からの距離によっては交通費がかかることもある。事務所の所在地の近隣であれば無料になる場合もある。 「デリバリーヘルス(delivery health デリヘル)」という名称は、1998年公布の改正風適法で当該業種が届出対象にされた際に、風俗情報誌「MAN-ZOKU」(マンゾク)を発行している株式会社クリエイターズカンパニーコネクションが発案した和製英語。同年、株式会社クリエイターズカンパニーコネクションの関連会社である株式会社シーズホールディングコーポレーションが商標出願登録している(商標登録証4522848号)。 近年では、派遣する女性が女子高生やメイド服などの衣装を着ている場合や、オプションでそれらのコスプレを選択できたりするデリヘルや、30代~40代の人妻熟女専門のデリヘル店や、M男(被虐嗜好の男性。マゾヒストの男。痴女女性から苦しめを受けて性的興奮を味わう人。)を対象にした専門のデリヘル店や、 男の娘(ニューハーフ)専門デリヘル店、ラブドールデリヘルといった店舗も存在する。近年様々なコンセプトのデリヘル店舗が登場している。 ただ、本来のデリヘル(無店舗型ヘルスサービス)の風営法上の定義では「人の住居または人の宿泊の用に供する施設において異性の客の性的好奇心に応じてその客に接触する役務を提供する営業で、当該役務を行う者を、その客の依頼を受けて派遣することにより営むもの」となっており、異性でないニューハーフや性道具である人形を派遣、若しくはレンタルすることがデリヘルに当たるかは判断が別れる。 風適法により認められた営業時間が店舗型とは異なり、深夜24時(条例により25時)以降の営業も認められている。また、店舗ではなく電話受付を行う事務所のみを設置するため内装や従業員等の経費を抑えることができ、店舗型に比べ低予算で出店できる。女性は自由出勤としていることも多く、出勤日や勤務時間のやりくりがしやすいことから、主婦や社会人、大学生が昼夜にアルバイト感覚で出勤していることも多い。収入では通常のOLに比べて3倍近く稼いでいる女性も多いという。女性従業員の中にはホテルでの仕事のため、一般のヘルスのような簡易な間仕切の室内よりも仕事がやりやすく、店舗への出勤ではないので抵抗が少ないという者もいる。


《風俗の歴史》



諸説では、日本神話の天の岩戸伝説に「乳は左へ右へ、上へ下へと揺れ動き、裾はめくれて女陰はあらわに見え隠れした」という描写がある。古代の日本では、巫女が信者相手に、性行為を行なっていたのではないかと考えられている。日本発の風俗は巫女だと言われている。
万葉集(759年ごろ)の記述から、売春は8世紀ごろまでには、風俗産業として商業化していたことが予想される。万葉集には、遊行女婦(うかれめ)や傀儡子女(くぐつめ)、白拍子(しらびょうし)などとして遊女が描かれていることからこの時代から風俗産業は存在していたのではないかと推測される。
性産業と神社・仏閣の互助の関係は、姿、呼称を変えて維持されたまま時代を下っていくことになる。
さらに時代を下ると、売春は権力の統制と保護を受け、徴税の対象となっていく。遊女たちは公的な遊廓として1箇所に集められるようになっていき、国家の収入を確保する上でも無視できない存在となっていった。国の政策において外貨獲得や、戦争時の慰安婦など。
室町時代に入ると、足利氏は、傾城局(けいせいのつぼね)という役所を作って、遊女から徴税しはじめた。徴税ということは商業として繁栄していくのである。豊臣秀吉が1590年に全国統一後、秀吉はこの前後にも遊女町での営業を許可している。遊郭は政府直轄の組織であり、遊郭の遊女は公娼でだったのだ。1585年に、大坂三郷に遊女町を許可、1589年には馬丁の原三郎左衛門・林又一郎に京都二条柳町に遊里開設を許可、1596年には、京都伏見撞木町に林五郎が、秀吉の許可を得て、遊里を開業することとなる。
政府の統制からはずれた非公式な遊女の集まる場所として、宿場町の飯盛旅籠(めしもり はたご)や門前町などの岡場所(おかばしょ)、茶屋街があった。公娼ではない私娼は、飯盛女(めしもりおんな)または飯売女(めしうりおんな)と呼ばれ、公娼とは違いがあった。
16世紀末には「風呂屋」(現在のソープ)が現れはじめ、博多に遊里が出現し、さらに博多の遊里は長崎へと進出、南蛮人相手の遊郭となっていった。遊郭は、南蛮貿易とも結びついた。公娼だけでなく、私娼であっても、古くから組織化され、宿や料亭、風呂屋という建前での売春業が行われていた。(現在の新地やソープランドの構造によく似ている。)